ビューラーで目元の印象が明るくする

以前、マスカラをつけているのにビューラーでまつ毛をカールさせていませんでした。それはまぶたのお肉を挟んだことがあり痛かったのでやめていました。
それとカールをするときにうまくできずに不自然になっていました。
でもお顔の中でもアイメーク、ポイントになるのは「まつ毛」です。まつ毛を「クルッ」とカールさせて、あげるだけでも印象が変わります。スッピンでもまつ毛をあげていると明るい印象です。私はビューラーをつかって明るい印象にしたくて練習をしました。

完全レビュー!ヒメルファンデーションの使い方や口コミなど徹底解説!

ビューラーはどれも同じだと思っていましたが自分に合ったものをえらぶことが重要だったのです。
私は目の形にフィットしてまつ毛を挟んだときにまつ毛の全体をキャッチして根元からしっかりカールできるものをつかっています。
ちなみに目頭・目尻などの部分カールができるビューラーがでているのでアクセントづけに使うことができます。
まつ毛のあげ方はあごを軽く上げます。そうすると伏し目になるのでビューラーがまつ毛の根元にあてやすくなります。そのときに反対の手で軽くまぶたをもちあげるとまぶたを挟みません。
うまく上げるコツは(3回に分けてカール)です。3回とはまつ毛の根元、中央、毛先の順にビューラーをずらしてカールしていきます。まつ毛をカールするときは力を入れません。そうすると自然にカールできます。
ビューラーは除菌タイプのウェットティッシュできれいにふきとると衛生的です。付け替えのゴムが別売りで買えるのでうまくカールがつかなくなったら交換です。私は2カ月に1度、交換をしています。