妊娠中の肌トラブルについて

女性はただでさえ生理周期などで肌のトラブルが起きやすいのに、妊娠中は特にホルモンバランスが崩れて思いもしない肌荒れが次々とやってきます。まず妊娠初期にはつわりで栄養不足や寝不足、水分不足が続いてニキビや吹き出物が増えると同時に乾燥肌にもなりやすいです。

ミコブルーム

ひどい人ではお風呂に入ることすらもままならなくなるので皮脂などの汚れも溜まってしまいます。悲しいことに安定期に入ると今度は食欲が増進するので食べ過ぎやアンバランスな食事になってしまいやすいのでこれまた肌荒れの元になります。それに、どんなに抗っていてもお腹で子供を育てているのでホルモンバランスや血流の変化には対応し切れません。

メラニンが活発になり、シミやそばかすが増えます。ある程度は産後に回復するそうですがそれも100パーセントではありません。栄養をとっていたとしても少なからずトラブルは起こってしまいます。ただでさえいろんなマイナートラブルが起きて辛い妊娠期ですがどんなにお金をかけられる有名人でも悩まされることがあると思います。

上にお子さんがいるマタママさんは育児をしながらの妊娠期なので初産の人より自分にかける時間も少なく、トラブルも多いことでしょう。

産後は授乳期に入り、栄養のほとんどは母乳に変わり赤ちゃんに送られます。そうこうしているうちに、1?2歳年齢が経過してしまいます。年齢肌にも抗いながら荒れた肌を元に戻すのはしなんの技とも言えるでしょう。