中田敦彦も実行中の「オートファジー」16時間断食ダイエットの効果

 ストレスと更年期のイライラ解消に「食べることは唯一楽しみだから」と制限なく自由に過ごしていたら、恐ろしい体重になっていた私。大好きだったヨガも、鏡に映る自分が嫌で行かなくなっていました。

グラマラスパッツ

 ただでさえストレスが多いのに、これ以上あれがダメ、食べたくないものだけを食べろと言われるダイエットは若い時から大嫌い。ダイエットしてるからと、ご飯を楽しめない人も苦手。もういいか、諦めてしまえ!と思っていた時に、中田敦彦のYouTube大学でオートファジーを知りました。

 オートファジーとは、16時間の空腹時間を作ることで、自分の古い細胞が除去され、新しい細胞を増やしていくボディクレンジングのことだそうです。ダイエットにも効果的とのことだし、何より代謝の落ちも気になるお年頃…早速試してみました。

 16時間断食は厳しそうに見えますが、睡眠時間を入れると朝ごはんを抜けば割と簡単にできます。ナッツや、ダークチョコレート、イチゴやブルーベリーなどの抗酸化物質が豊富な食べ物は食べていいとのことなので、気持ちもずいぶん楽です。

 実行して2か月ほどになりますが、特に苦痛はなく、お昼御飯が待ち遠しいくらいです。三キロほど体重が減り、寝つき、寝起きがよくなるなど、うれしい効果もあります。

ランチや大好きなカフェ巡りも、このままの生活でできるしので、ずっと続けて行けそうです。