美容医療か。美白美容液か。

「美容医療か。美白美容液か。」

株式会社資生堂のHAKUが進化して登場しましたね!
このキャッチコピーをテレビCMで聞いてドキッとしませんでしたか?

http://www.arswr2018.org/

コロナの影響で美容大国韓国にも行きづらくなってしまいました。
女性の「きれいになりたい」という願いは、いつの時代も同じです。
ここ数年は、美容家という肩書をもつインフルエンサーも増えてきましたよね。

美容医療は年々進化していき、シワやシミといった肌悩みにも
お金を出せば簡単に解決できる時代になりつつあります。

。。。そう、お金を出せば!!!

このHAKUのキャッチコピーが秀逸なのは、資生堂最高級ラインであるHAKUを
美容医療のライバルとしてもってきたことですよね。

私たち一般人にとっては、「きれいになりたい」と思いつつも
なかなかお金をかけにくいというのが現実です。

美容医療って本当に高いですよね。だからなかなか踏み込めない。
そんなときに美容医療未満、化粧品以上という選択肢としてHAKUを押し出す。

それなら買ってみようかな、、って希望が湧いてきますよね。
年々濃くなっってきたシミをこれ以上放置していては取り返しのつかないことになる。
そんな危機感がある女性ならだれしもすがりたくなります!

私も少し前から気にしていた頬のシミが、妊娠中に急激に濃くなってしまい
とてもショックを受けました。

シミ改善の期待ができるものは、ビタミンCなどのサプリメントや
美容にいいとされるアーモンドなど、すぐ取り入れられるものは取り入れていたつもりです。
日焼け止めを欠かさず、美白化粧水やケシ○ンクリームを気になるところに毎日毎日塗り込む日々。
それでもなかなか消えてくれない・・・

HAKUを使ってみてだめなら美容医療に頼ってみようかな。
と、まんまと購買欲を掻き立てられて、
いつもよりお高い化粧品が棚に並んでいます。