ジアミンアレルギーと白髪との共存

私は38歳頃から白髪がちらほら目につくようになったけど、まだまだ大丈夫・・・なんて思ってたら、あれよあれよと白髪が増えた。
今思えば、実際に増えたのではなく、白髪を気にするようになる→髪をかき分けてまで探す→表面からは見えていない内側の白髪を発見!この一連の流れが日課となってしまったことが原因かもしれない。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&評価!販売店で市販されている?

そこからは白髪を染めて隠すことよりも白髪を減らしたい、どうにかして今ある白髪が次に生えてくるときには黒くなるよう毛根ごと再生する薬はないの?等など、調べまくったり行きつけの美容師さんに相談したりしてた。
美容師さんの回答は『そんな薬や方法が発明されたら、美容室で白髪を染める人が居なくなる。そんな営業妨害な行為は美容業界が阻止するから、万が一発明されてるとしても世の中には情報が出回らない・・・』と、これが事実なのか美容師さんの冗談だったのかはわからないけど、納得せざる得ないような話しだったことは記憶に残っている。

40代になった頃には、いよいよ白髪を染めるしかないほどまでになり、意を決して市販の白髪染を購入し、自分で染めてみた・・・
額の辺りがムズムズ痒くなり、みるみる顔が腫れて目が開かなくなってしまった。
ジアミンアレルギー、病院でそう告げられた。
それからは怖くて一度も白髪染めをしたことがない。
『肌に優しいオーガニック染料で、敏感肌の方でも大丈夫だと思いますよ』と、美容室を変える度にオススメされ、ジアミンアレルギーだと告げた途端に美容師さんは落胆の表情になる。これ定番(笑)

51歳の現在は自宅でヘナカラーをしています。
色や匂い、手間などかかるけれどこれからも白髪と上手なお付き合いをしていこうと思う。

白髪について

私は現在44歳です。白髪が生えるなんて、ずっと先のことって思っていたんです。ですが、ここ数年から、後頭部の後ろの当たりに、ちらほらと白髪が存在することに気づき、初めは、ゲッ!って驚きとショックを受けたのを覚えています。それと、何で白髪は、後頭部の方にできるのかなと考えたのです。

ボタニカルエアカラーフォームの悪評や実際に使った感想などをこっそりご報告!

やっぱり枕で寝ていて擦れるからなのかな。。。。

それとも、よくストレス抱えている人は、白髪が多いとかいう噂をきいたことがあるので、最近ストレス抱えているのかな。。。

と日ごろの仕事や生活面を思い返してみたり、はたまた、そういう悩みを抱えると白髪が生える部分は、後頭部なのかな、そういうストレスのダメージを受けやすい細胞が後頭部に集中しているのかなとか、白髪一つで、ここまで考えてしまうのです。

でも、後頭部に限らす、側頭部にも白髪が生えているのを見かけるので、いずれにせよ、白髪が出やすい部分というのは、側頭部、後頭部からなのかなというのは、この年齢になって、実体験して感じているところです。また、この白髪、まだ自分ではどんどん生えてくるのを頭でわかっていても、心では受け止め切れておらず、どうしても抜き取りたい衝動に駆られるのです。

なので、ちょっと時間ができると、三面鏡の前にたち、猿の親子のノミ取りのように、自分で、自分の髪の毛をかき分けて、白いのいるか!こっちか?それともこっちか!みたいに探して、見つけると引っこ抜くということがここ数年続いております。ですが、友人に「抜くと薄毛になるよ、抜いちゃだめだよ!」と言われているので、そろそろ心の面でも、抜くことよりも、染めるほうへ気持ちをシフトしいかないとなと思っております。

グレーヘアにするにはまだ半端

最近は白髪染めを全くしない素敵なグレーヘアの方も増えてきているようです。私のもっぱらの悩みは、「白髪染めをしなければ汚らしく感じられるし、グレーヘアにするにはまだ黒い髪の毛が多くて完璧なグレーヘアにならない」という中途半端な白髪の具合なのです。http://river-lab.org/

もともと髪の毛が太くてくせ毛、量も大変多いのが悩みの種でした。他の髪が黒々としている分、太い白髪は大変目立ちます。子どもが小さくまだ手がかかりますので、頻繁に美容院でカラーをしてもらうのは難しく、今のところ、自分で市販の白髪染めで染めるのが一番良いという結論になりました。

とはいえ、生まれつき手先が不器用なもので、自宅のお風呂場で白髪染めをすると必ず顔や手、お風呂場にヘアカラー剤が付いてしまい、また、特に根本はなかなかきれいに染めることが出来ません。せめて長持ちさせようと、セルフで出来るヘアマニュキュアを試したこともあるのですが、色もちが良い分、顔などにつくとなかなか落ちず大変な思いをしました。

40代、50代でも素敵にグレーヘアをまとめていらっしゃる方を拝見するにつれ、「いっそのこと早く全て白髪になって、白髪染めをすることなくグレーヘアで通したい」と願っているところです。