口臭を減らすための私のちょっとした工夫

口臭を減らすために一番大事なのは歯を清潔に保つことだ。

歯磨きをしっかりすることは勿論だが、ちょっとしたことで口臭を減らせるかもしれない。

私がしている3つの工夫を紹介する。

本音口コミ!ブレスマイルウォッシュの効果から解約方法までを完全レポート!

1つ目は“歯間ブラシ”を歯磨き前にする

歯間ブラシは歯ブラシだけでは取り切れない汚れやカスを取る役目があるのでぜひ使用して欲しい。

意外と歯ブラシをした後に歯間ブラシを使う人はいる。しかし、歯ブラシ後だと磨き残しの汚れを取るだけで終わってしまう。

歯ブラシ前に汚れを取ることで、その部分もキレイに磨け、歯磨き粉の歯周病予防や口臭の防止効果が得られる。ポイントは“歯磨きの前”にすることだ。

2つ目は歯ブラシを使う前に濡らさない

歯ブラシの前に水で濡らして、、、と習慣で行っている方が多いと思う。水があると歯磨き粉が良く泡立つが、その分しっかりと磨かないで終わらせてしまったりする。

なんとなく汚いから洗っている人もいるかもしれない。それであれば歯磨き後によく洗い、乾燥させた方が衛生的である。雑菌は水分と歯ブラシについたままの汚れやカス(栄養分)と温度によって繁殖するので、歯ブラシ後によく洗う方が良いのである。

3つ目は定期的に検診して貰う

日々の歯磨きも大事だが、歯のプロに見てもらうのが一番である。歯医者では定期受診を行っているので、口臭に悩んでいる人にはお勧めである。虫歯も口臭の原因になる。私自身も口臭を指摘され、その後定期検診を受けたところ虫歯が判明した。定期健診では歯石の除去や歯ブラシの指導をしてくれたりするので、口臭に悩んでいる人は一度受診してみて欲しい。

この3つが私のちょっとした工夫だ。皆さんも験してみてはいかがだろうか。

接客業だと神経質になる

私は、現在保育士として仕事をしております。保育士は、子どもたちとの距離が近いことはもちろん、保護者やほかの保育士と近距離でコミュニケーションをとることが業務中多々あります。なので、相手の口臭を感じることがあることもあるので、自分も気を付けなければならないと、日々実感します。

効果あり?キラハクレンズを購入した私の口コミ&評価!

歯ブラシはこまめにしたりと、常日頃口臭には気を使っているつもりでしたが、コロナ禍となり、毎日マスクでの生活になったときに、自分の口臭が気になりました。あれだけ、気を付けていたつもりだったのに…と、自分でショックを受けました。

ですが、気づくことができたので今ではよかったと思っています。それ以来は、ネットで口臭の原因について検索し、自分なりに改善するよう心がけています。一つは、起床後や食後の歯磨きをするときに、歯だけでなく、舌など、歯以外の口内も掃除するようにしています。歯間ブラシも定期的にやるようにしています。二つ目は、定期的に水分を取ったり、うがいをしたりして、口内が乾きすぎないようにすることです。特に二つ目の内容が効果を感じられる気がしています。今後もマスク生活が続くと思うので、より口内のケアをしっかりとしていきたいと思います。

子どもの口臭について

私には小学1年生になる息子と年少組の娘がいます。効果あり?ブレスマイルウォッシュを使用した私の口コミやネット上の評判などを紹介!

今回は息子の話をさせていただきます。息子が小学生に上がる前は、息の匂いなんてものは特に気にならなかったのですが、少し前から娘が「兄ちゃん臭い」と言うようになりました。それを聞いて、さりげなく息子の息の匂いを嗅いでみると、確かに口臭が臭いと思いました。

そこで、もし万が一小学校で「○○君臭い」とお友達に言われてしまったら、息子は傷ついてしまうかもと思い、何が原因なのかを調べてみました。息子が当てはまりそうな原因としては、口呼吸と噛む回数が少ない、また磨き残しもあるかもしれません。私は、できることからやろうと考え、息子に「お口閉じようね。」「ご飯食べるときは30回くらい噛もうね。」と声をかけたり、仕上げ磨きを徹底しました。しかし、声をかけたからと言ってすぐに治るものでもないので、口臭は相変わらずでした。

そこで薬局に行き、子ども用の液体歯磨きを買い、試してみることにしました。最初は、顔が引きつりながらうがいしていた息子ですが、慣れていくと上手にできるようになりました。結果としては、少し良くなった気がするのですが、不十分という感想でした。

そこで、私は液体歯磨きに加えてタブレットも試してみました。すると、口臭がかなり良くなり、娘にも臭いと言われなくなりました。一つの予防策では不十分でしたが、複数組み合わせることで口臭改善につながったので、色々と試してみてよかったです。

日常の口臭予防:重点ポイント

自身の経験としての口臭予防をご紹介します。内容は基本的なことではありますが、いくつかの組み合わせと習慣が大切だと実感しています。まずはお口のケアですが、朝晩の歯磨きは当然ですが、歯を磨いた後、そのまま泡立っている歯ブラシで舌の表面をよくブラッシングします。
http://coy-dreamer.com/

舌をできるだけ出した状態(ベーっていう感じ)で縦方向にブラッシングし次に横方向、最後にもう一度縦方向。いったん水で口をゆすぎ、ブラシもゆすぐ。その後、もう一度舌の表面を縦方向だけブラッシング。

あとは適当に口をゆすいで完了です。

これを朝と夜寝る前の歯磨きと同時に行います。舌のブラッシングは出来るだけ舌の奥まで行いたいのですが、あまり奥までブラシを入れると、もちろん「ゲ~」となりますので、注意してください。次のケアは、歯間ブラシでの歯間クリーニングです。これは就寝前の歯磨き後1回でOKです。歯ブラシでは除去できない歯垢や食べかすが除去できますので、就寝中の口臭の元を少なくできます。最後は、日常的な飲み物として緑茶を適度に飲むことです。

すべてお茶にする必要はありませんので、コーヒーや紅茶など他の飲み物とのバランスを考えて、でも積極的にお茶を飲みましょう。以上の3点を日常的に気を付けるようになってから、実感として口臭予防になっていると感じます。

口内環境をいかに良くするか

40代主婦です。口内環境をよくすることは大事なことです。最近の研究で、歯周病がアルツハイマーの原因になってると分かったそうです。最近始めたことですが、毎食後の歯磨きとドルツです。

ブレスマイルウォッシュ

最初は歯茎から出血してましたが1週間を過ぎると、「今までなんでやってこなかったんだ!」と、後悔するぐらい口の中が爽快です。また、口臭の原因の1つは副鼻腔炎です。私自身も風邪をひくとなるのですが、14歳の息子が調子が悪くなると口の中が臭くなります。病院に行ってもらったところ鼻中隔湾曲症で、どうやら副鼻腔炎になりやすいようです。骨のことでこれは手術しないとどうにもなりませんが、歯の矯正や口内のメンテナンスのおかげで口臭が改善しました。

口内環境をよくすることは健康的であると同時に、清潔感を保つことで、見た目にも大切なことです。アメリカ在住なのですが、やはり子供のうちから口元をきれいにすることが大事だと考えてる人が多く、最近ではインビザラインをする人が多いです。インビザラインは見た目もわかりにくく、息子もこれから始める予定です。また、口臭の原因のもう一つは胃腸の健康です。胃もたれしていると、「胃が悪い臭いがするね。」と、主人から言われます。健康的な食事作りも、私の大事な仕事の1つです。