鳩胸で小さいコンプレックスお胸

幼稚園児の時から少しふっくらしており、幼稚園の時に友人から【おっぱい大きいー】などと言われてた私は、小学生、中学生になり、ややスリムになりました。幼稚園の時は大きいと言われた私の胸は、思春期になるにつれて何故か小さい胸に変化していきました。モテアンジュの使用感

高校生になると周りの友人は、短いスカートにして脚をだしたり、ワイシャツを第3ボタンまで開けて胸元を強調して女性らしさをアピールしておりましたが、私には見せる胸元はありませんでした。社会人になり、下着はきちんとしたものを買おうと思い、思い切って初めて下着屋さんで店員さんにサイズを測ってもらいました。

この頃から、自分の胸の形を気にするようになりました。下着屋さんで頑張って横に流れたお肉をカップにいれこんでも、水着屋さんで大きい分厚いパッドを二重にして胸にいれこんでも、わたしの胸は胸の上側にお肉がないため雑誌で見るような谷間というものが作れませんでした。洋服を着たらほんのり胸があるなぁくらいの私の胸は、胸元を出す服ではとても貧弱です。

鳩胸のため、デコルテはきれいと褒められますが、胸元にカットの入った洋服や海外デザインの胸元切り込みの強いワンピースなどはすかすかしてしまい着るのが少し恥ずかしいです。大きい胸にならなくとも、もう少し胸の上にお肉があれば、着る洋服の幅が広がるのかなあと悩んでおります。

私はバストに魅力がないので人がよってきません。

私はバストに魅力がありません。なのでバストが平坦なのでいつもいつも損をしています。女性に生まれてきたのにも関わらず、なんだかんだ言ってあまりいいことはなく、女性らしさがないのでいつもハブられると言うか気持ちを表現しても受け入れてくれません。とても辛いですし、女性として生まれてきたのにも関わらずすごく辛い思いをしています。正直自分に自身なんか持てませんし、自分のことを第一に考える余裕なんてありません。

きつい?きつくない?ヴィアージュビューティーアップナイトブラのサイズ感や口コミなど完全レポート!

もうどうすることもできなくて毎日毎日困っています。もっとバストがあれば、もっといろいろなことができるのになと思ったことがいくつあったでしょうか、きりがありません。この先もそしてこれからもいろいろな状態を脱出していかなければならないなという気持ちもあるのでなかなか思い通りに行かないことが多いです。私は普段から物思いに更けやすいタイプですが、そのせいでいろいろと苦しいことがあるということはもっての他です。

これからもそしてこの先もずっといろいろなことをやっていこうと思っています。バストが大きくなるためには色々な商品を買わなければならないなと感じています。でもお金がないので借金もできませんから仕方がなく毎日毎日を過ごしているところです。

バストが大きすぎる話。

昔から私の悩みはずーーーーーっと同じ。

胸が大きすぎることだ。

ルルクシェルのナイトブラはアンダーがきつい?アラサー女子の本音口コミをお届けします!

小学生の頃にはもうCくらいあり、30代になる今は立派なJカップだ。

「大きくて羨ましい?!」

と言われることも多々あるが、本気で言ってます?と思ってしまう。
(そして恐らく本気ではないだろう)

何故ここまで大きくなったのかは分からないのだが、母も大きく、Gカップだ。
遺伝と言うなら私もGカップ程度にしてもらいたかった。

そして若い頃の私にはバストに関する知識が無く、ほぼ何もケアをしなかった結果しっかりと垂れてしまった。
今は子育て中で授乳をしているのだが、授乳をやめたらどこまで下を目指してしまうのか…戦々恐々としている。

もちろん胸を小さくする手術を検討したことはあるのだが、費用の面で諦めざるを得なかった。

当時で5?60万ほどだっただろうか。

ついでに下垂も修正することができるらしく大変素晴らしい手術なのだが、なんせ自分の身体に数十万をかけるというのは大変勇気がいる。
それに胸を切るのはとても怖い。怖すぎる…。

よって私にはこの垂れた特大バストと一生付き合っていく未来しかないのだ。
(年末ジャンボが当たったらやるよ☆)

そんな私、ブラジャーは色々と試してきたのだが、最近すごく感動した商品があったのでぜひ紹介したい。

楽天の『小さく見せるブラ』というものなんだが、本当に少し小さく見える。
胸を潰しているようなものなので形は整わないし、常に着けていたら形が悪くなる気しかしないが、外出時だけであれば素晴らしい商品だと思う。

もし同じ悩みを持つ方がこの記事を読んでくれたならば、ぜひ試してみてほしいと思う。

やっぱり人のバストばかり見てしまう。

やっぱり人のバストばかり見てしまう。それは私が「バスト」にコンプレックスを持ってしまっているからだ。
私のバストの発育は、全くと言って、無かったと思う。このせいで母親を恨んだことさえもある。

ヴィアージュビューティーアップナイトブラ

中学生、高校生と、私がバストに恵まれたことは一度たりともなかった。周りの友だちが可愛らしいブラを着ているのがとても羨ましかった。まぁ、大人になれば少しは大きくなるかな~、と期待するしかなかった。

そんな期待は外れた。自分で言うのもなんだが、社会人は「まな板」で始まった。膨らみが全く無い、というわけではないが、小さい。幸か不幸か細身だったため、細身の可愛らしい女の子で、いくか!と、自分に言い聞かせた。

会社の女性社員を見ると、やはり胸に目が行ってしまう。うちの会社は豊作である。巨乳が多い。中には、かなり締め付けてるな~、と感じる人もいる。その人は多分、大きいのが悩みなんだと思う。その人の胸元の開いた服を、私は一度も見たことが無い。羨ましい限りである。

退勤時に着替えて帰る社員もいるのだが、退勤後のバストがまた一段と大きいのである。何を我慢していたのだろうか?この後、合コンなのだろうか?そんな武器があるなら、私ももっと自信が持てるのにな~、と思ってしまう。羨ましい。羨ましい限りである!

そんななかでも、私が特に嫌な場面がある。それは会社の「イベント」開催日である。この日は全社員がみんな、会社で作ったTシャツを着用する日なのでが、その時、貴重品やスマホ、化粧直しなどが入った、あっても無くてもいいようなミニポーチを肩からかけてくる女性社員が急増する。しっかり「パイスラ」してくるのだ。だれにアピールしてるんだか。あ~、いいな~。私もそれぐらい、バストが欲しい!